住宅 (新築)

 

 

 

KMEW 施工事例コンテスト2018 グラッサ賞 受賞

岩山の家 

(木造軸組工法 2階建て)

岡山県倉敷市の水島コンビナート北側で新たに造成された街区に建つ住宅です。
「山登り」を共通の趣味とするご夫婦の為の住宅で、日常生活の中に山登りで感じられる楽しさ爽快さを取り込みたい
またこの街区のランドマークとなるような唯一無二の建物にしたい
というご要望をもとに設計しました。
『岩山の家』について・・・
「山登り」+「唯一無二のランドマーク」=『岩山の家』 と解いたその解を実現する為、岩山を模した形態を探り、 「山登り」で感じる楽しさ、爽快さを感じることが出来るプランを、検討しました。
岩山の形態について・・・
地殻変動により隆起したことを感じさせるよう、鉛直方向へのボリュームを強調しつつ、 自然な形態に感じられるよう、ボリュームの出入りを調整しました。 岩山のソリッド感と自然なテクスチャを求め、 KMEWコロニアルグラッサ・シャッフルの石板ミックスを採用しました。 屋根及び壁に共材が使用出来、硬質感や光沢感やランダム感があり、 塗り替え不要で永くその表情を保てる物としての採用です。
「山登り」の楽しさについて・・・
山登りの際、仲間同士の声や視線が、 レベル差を持って交差する意外性や非日常性から得られる楽しさを実現する為に、 リビングピットや覗き窓、ロフトや橋を設け、 いつでもレベル差の楽しさを得られるようにしました。
「山登り」の爽快さについて・・・
山を登り頂に到達した際に感じる 抜け感(見晴らし)や達成感から得られる爽快さを実現する為に、 山頂(屋根上)に至る登山道(梯子や橋)を整備し、 いつでも山頂を目指し爽快さを得られるようにしました。
最後に・・・
『岩山の家』の敷地がある街区は、 初めて訪れた人は迷ってしまうような、変化に乏しい街並みです。 これは、江戸時代から続く干拓・埋め立てにより造られた平坦な大地が、 戦後急速に都市化する中で、画一的に開発された結果です。 ランドマークになることを目指して作られた『岩山の家』は、 平坦で画一的な街並み(地形)を、 起伏ある豊かな街並み(地形)に再生することを夢見て植えられた 「地形の苗」なのです。


 

 

 

V字屋根の家 

(木造軸組工法 2階建て)

岡山県総社市の新たに開発造成された住宅街区に建つ、ご夫婦とお子様の3人家族の為の住宅。 街区の端に位置する敷地は、不整形で高低差のあるものでした。敷地の南側隣地は一段高い土地で、隣地境界際に建つ2階建ての建物が、計画地を見下ろすという条件でした。
しかし東側の敷地前面の道路はT字の交差点で、一方は児童公園に繋がる行き止まりです。 この道路は、この街区の広場のような機能を有する場所です。 そこで建物は、東側に中庭を設けつつ前面道路に向かって開くというプランとし、 南側は高い位置より、家中に行き渡る光の取り込み口としました。
ご夫婦ともに本格的に競技に参戦されているアスリートということもあり、 建物の形状は、V(ヴィクトリー:勝利)字を成すものとしました。
プライバシーを確保した中庭を中心とし、リビング、キッチン、トレーニングスペースが向き合い、 家族が常にお互いを感じながら過ごすことが出来ます。
家族に支えられながら、個々がそれぞれの目標に向かって挑戦する 充実した日々を過ごしていかれることを願っています。


デザイン注文住宅画像

 

 

 

空を切り取るルーフバルコニーの家 

(木造軸組工法 2階建て)

静岡県富士市にある新たに宅地造成された一画に建つ、ご夫婦とお子様お一人の3人家族の為の住宅。周囲に同規模の住宅が建ち並ぶことが予想される状況で、ご希望の「プライバシーを確保しつつ、カーテン無しの外に開かれた暮らし」の実現が課題でした。
リビングを2階に配置し、車庫上をルーフバルコニーとして繋ぎ、その周囲を壁で囲むことにより、空以外は何も見えないアウターリビングとして、内外一体の開かれた空間を実現し、ご希望を叶えました。
ルーフバルコニーの所々に開いた吹抜けからは、2階に居ても1階の気配が感じられる他、ご主人のお好きな車を2階リビングで寛ぎながら眺められたり、1階坪庭から空に向かって伸びるシンボルツリーのカツラを楽しむことが出来ます。
プロジェクト期間中、予算等様々な問題が起こりましたが、関係者が全員で知恵と力を出し合うことで解決できました。ご主人、工務店社長、私達で合宿し、床フローリングや柱梁等をみんなで塗装したこと、良い思い出です。


デザイン注文住宅画像

 

 

 

ステンドグラスのある出窓の家

(木造軸組工法 3階建て)

東京都品川区大井に建つご夫婦の為の住宅。ここは、都心に近いにも関わらず閑静な住宅街。都心に近い故敷地条件は厳しく、敷地内高低差は1600mm、建て替えによる道路後退で、敷地面積が20坪を切ってしまいました。更に、二方向の道路斜線制限や東京都第一種高度地区等、様々な法規制をかいくぐるような計画でした。
可能な限り床面積を確保し、面積以上に広く感じられるよう、各空間をスキップフロアで繋ぎ、広がり感を確保しつつ、床レベルの違いにより緩やかに仕切りました。
空間が繋がり広がりを持っても、家族の距離が広がらぬよう、家族が自然と集える心地良い場を設ける為、リビング南側にベンチカウンター付きの大きな家型の出窓を設置しました。出窓はステンドグラスで飾られていて、お孫様が外で道に迷った際のランドマークとなることを意図したものです。この家型の出窓は、家族を繋ぐ「家の中の本当の家」なのです。
仲良しのご家族が、より一層仲良く楽しく暮していかれることを願っています。