住宅 (新築)

 

 

 

V字屋根の家 

(木造軸組工法 2階建て)

岡山県総社市の新たに開発造成された住宅街区に建つ、ご夫婦とお子様の3人家族の為の住宅。 街区の端に位置する敷地は、不整形で高低差のあるものでした。敷地の南側隣地は一段高い土地で、隣地境界際に建つ2階建ての建物が、計画地を見下ろすという条件でした。
しかし東側の敷地前面の道路はT字の交差点で、一方は児童公園に繋がる行き止まりです。 この道路は、この街区の広場のような機能を有する場所です。 そこで建物は、東側に中庭を設けつつ前面道路に向かって開くというプランとし、 南側は高い位置より、家中に行き渡る光の取り込み口としました。
ご夫婦ともに本格的に競技に参戦されているアスリートということもあり、 建物の形状は、V(ヴィクトリー:勝利)字を成すものとしました。
プライバシーを確保した中庭を中心とし、リビング、キッチン、トレーニングスペースが向き合い、 家族が常にお互いを感じながら過ごすことが出来ます。
家族に支えられながら、個々がそれぞれの目標に向かって挑戦する 充実した日々を過ごしていかれることを願っています。


 

 

 

水辺に佇む白い箱の家 

(木造軸組工法 2階建て)
※株式会社北屋建設在籍時

岡山市南区の大きな池の畔の宅地造成された敷地に建つ、ご夫婦とお子様お二人の4人家族の為の住宅。遮る物の無い大きな池に南面する好立地。四季の移ろいに表情豊かに変化するこの環境を、日々の暮らしの中に上手く取込むことが課題でした。
またご主人様が建築&デザインに大変お詳しく、ご希望の外観イメージが、ミース・ファン・デル・ローエ作のトゥーゲントハット邸でしたので、「ノスタルジック・モダン」をデザインンコンセプトに、ご一緒に形作っていきました。
水平方向の伸びやかさを強調した白い箱の外観に、床材の他アクセント的に仕上げに施した無垢の木材が効いている内観。間取り的にはLDKを東西に配置し、L・D・Kそれぞれからの池への眺望を確保し、光と風を最大限取込めるよう配慮しました。またこのLDKに平行して、広く長い屋根付きのウッドデッキを配し、フルオープンのサッシを開け放つと、雨でも濡れないアウターリビングとなり、屋内外の空間を自然に繋いでくれます。
お洒落で仲良しのご家族が、日々の生活の中で、四季の移ろいを楽しみながら、心豊かに暮していかれることを願っています。


 

 

 

シンボルツリー越しに操山を望む家 

(木造軸組工法 2階建て)
※株式会社北屋建設在籍時

岡山市中区の住宅地の中に水田が点在する地区で、奥様ご両親が住まれる敷地での建て替えのご計画。お施主様ご夫婦とお子様お二人、奥様ご両親、ご主人お母様の3世帯の為の住宅です。東側に交通量の多い市道に接し、南側に引込みの私道、北側に市道と3方道路に接した東西に細長い敷地形状。
交通量の多い東側はある程度閉じつつも、引きがそれ程取れない南側に如何に開くか?また3世帯がそれぞれのプライバシーを確保しつつ、最適なコミュニケーションを如何に作り出すか?が課題でした。またご要望として、「モダン和風の 住めば住むほど味の出る家」、「ご主人の200足のスニーカーコレクションの収納」をいただきました。
引きの取れない南側に対しては、玄関アプローチを建物のボリューム内に東西に配することにより、住空間と前面道路との距離を確保しつつ、玄関までの回廊的なアプローチを設けました。限られた敷地に3世帯ということで、 総2階に近いボリュームになりましたが、軒の出を低く深くすることで、落ち着いたモダン和風の佇まいを生み出しています。内外の仕上材に無垢の木材を多用することにより、木の温もりと経年変化の魅力を加えています。
1階2階の階別と玄関階段室により、3世帯の距離感を確保しつつ、玄関ポーチやバルコニーに設置した竪格子の半透過性と、バルコニーを貫くシンボルツリーの一体性で、3世帯の空間と意識の一体性を確保しています。
2階LDKの南側に配置したバルコニーは、ウッドデッキを2階床レベルに敷設し、LDKの天井から続く板張りの深い軒の出により、サッシを開け放つと雨でも濡れないアウターリビングとなり、屋内外の空間を自然に繋いでくれます。LDKからの眺望は、近景にシンボルツリー、遠景に操山(日本三名園の一つ後楽園の借景となる山)を配する魅力的なものとなりました。
お引渡し後ご夫妻にお会いした時、家づくりの大事業から解き放たれたからか、笑顔がとても明るく穏やかだったのが印象的でした。
これから3世帯の皆様の暮らしが、笑顔溢れるものとなりますこと願っています。


デザイン注文住宅画像

 

 

 

空を切り取るルーフバルコニーの家 

(木造軸組工法 2階建て)

静岡県富士市にある新たに宅地造成された一画に建つ、ご夫婦とお子様お一人の3人家族の為の住宅。周囲に同規模の住宅が建ち並ぶことが予想される状況で、ご希望の「プライバシーを確保しつつ、カーテン無しの外に開かれた暮らし」の実現が課題でした。
リビングを2階に配置し、車庫上をルーフバルコニーとして繋ぎ、その周囲を壁で囲むことにより、空以外は何も見えないアウターリビングとして、内外一体の開かれた空間を実現し、ご希望を叶えました。
ルーフバルコニーの所々に開いた吹抜けからは、2階に居ても1階の気配が感じられる他、ご主人のお好きな車を2階リビングで寛ぎながら眺められたり、1階坪庭から空に向かって伸びるシンボルツリーのカツラを楽しむことが出来ます。
プロジェクト期間中、予算等様々な問題が起こりましたが、関係者が全員で知恵と力を出し合うことで解決できました。ご主人、工務店社長、私達で合宿し、床フローリングや柱梁等をみんなで塗装したこと、良い思い出です。


デザイン注文住宅画像

 

 

 

ステンドグラスのある出窓の家

(木造軸組工法 3階建て)

東京都品川区大井に建つご夫婦の為の住宅。ここは、都心に近いにも関わらず閑静な住宅街。都心に近い故敷地条件は厳しく、敷地内高低差は1600mm、建て替えによる道路後退で、敷地面積が20坪を切ってしまいました。更に、二方向の道路斜線制限や東京都第一種高度地区等、様々な法規制をかいくぐるような計画でした。
可能な限り床面積を確保し、面積以上に広く感じられるよう、各空間をスキップフロアで繋ぎ、広がり感を確保しつつ、床レベルの違いにより緩やかに仕切りました。
空間が繋がり広がりを持っても、家族の距離が広がらぬよう、家族が自然と集える心地良い場を設ける為、リビング南側にベンチカウンター付きの大きな家型の出窓を設置しました。出窓はステンドグラスで飾られていて、お孫様が外で道に迷った際のランドマークとなることを意図したものです。この家型の出窓は、家族を繋ぐ「家の中の本当の家」なのです。
仲良しのご家族が、より一層仲良く楽しく暮していかれることを願っています。


next works coming soon...