form0 フォームゼロ

0(ゼロ)は、正の数にも負の数にも属さない唯一無二の存在。

建築とは、世界で唯一無二の場所に、唯一無二の人々の為に作られるものです。

故に建築とは、本来どれも唯一無二であるべきなのです。

フォームゼロは、かけがえのない唯一無二の建築を作ります。

 

 

フォームゼロには、いつも目指している建築が有ります。

それは人と人、人と自然との豊かな関係を育む建築。

時の流れに流されず、時の流れを超えて行く建築。

長く永く必要とされ愛される建築・・・

 

 

フィッシャー邸 (ルイス・カーン設計)

 

ですから、

建築そのもののみの美しさを追い求めることは、意味の無いことだと考えます。

建築の物としての美しさを超えるその本当の良さとは、

そこで時間を共有する人と人と、人と自然との関係の豊かさで測られるものです。

建築は、この両者を包む器にとどまらず、

両者を繋ぐインターフェイスたり得るのです。

フォームゼロは、この建築をいつも目指しています。

 

 

例えば、豊かな窓辺のある暮らし・・・

 

 

小さな森の家 (吉村順三 設計)